生活保護 扶養義務

生活保護法改正案の変更点B親族の扶養義務を強化

スポンサードリンク

生活保護法改正案の変更点B親族の扶養義務を強化

生活保護法改正案には、家族に関する項目として、親族の扶養義務についても強化するという項目が盛り込まれています。
扶養義務の内容については、芸能ニュースで扶養家族や不正受給についての問題として大きく取り上げられたこともあり、広く認知されることとなりました。

 

生活保護法改正案の変更点B親族の扶養義務を強化

 

親族の扶養義務とは、自分が職を失って失業保険の期限も切れてしまった場合に、扶養家族、つまり養ってくれる家族がいれば、受給者となるであろう自分を家族が養う義務のことです。
家族と同居している場合には、家族が自分を扶養する義務が発生するということで、生活保護を受給することが出来ません。
また、自分の家族、例えば親兄弟が職を失うなどの理由から働けなくなった場合、自分が家族を養う義務がある状態となり、職を失った家族は生活保護を受給することが出来ません。

 

生活保護法改正案がある前は、申請者の親族に対して、扶養できないかどうかの照合が行われていましたが、家族が高所得者や資産家である場合は別として、強制的に扶養することを義務づけられることはありませんでした。
生活保護の申請があった場合には、申請者の親族に扶養義務者として通知が行くのですが、以前は保護申請に躊躇する理由になるとして、十分に機能しているとは言えないものとされていました。
改正案が決定してからは、この扶養義務を強化するという項目により、扶養家族のあり方が変わると言われています。

電子書籍 コミック ベビー・マタニティ用品レンタル

生活保護法改正案の変更点B親族の扶養義務を強化関連ページ

生活保護法改正案 概要
生活保護法改正案は、生活保護が必要な人に対しては確実に保護出来るようにして、不正受給がないように徹底した対策の強化を図るという趣旨が盛り込まれております。
生活保護法改正案の変更点@申請方法
従来は、生活保護の申請は、窓口にて申請をして、申請が受理されれば審査に移り、審査が通れば生活保護が決定するという流れでした。 2013年の時点では、生活保護は口頭での申請でも、申請をすること自体は出来るというのが現状です。
生活保護法改正案の変更点A不正受給への罰則の強化
不正受給をした場合には、3年以下の懲役または100万円以下の罰金、が課せられます。 また、罰則が引き上げられるだけではなく、不正によって受給した分は上乗せした分の金額も返還金として返さなければいけません。
生活保護法改正案の変更点C自立支援
生活保護法改正案には、就労や職業に対しての概要が盛り込まれていて、生活困窮者自立支援法案とセットで取り上げられることもあります。

ホーム RSS購読 サイトマップ