生活保護法 変更点

「生活保護法改正案」の変更点

スポンサードリンク

日本には、色々な制度が存在していて、生活保護も日本に現存する制度の一つです。
生活保護という制度は、生活保護法という法律に規定されている制度で、最低限の生活を保障するという名目で運営されています。
一時、芸能人の受給についてや、億単位もの不正受給があったことが大きく報道された経緯があり、生活保護という制度について関心を示す人も多くなりました。

 

「生活保護法改正案」の変更点
2013年の時点で、そのような事件が発生したという背景があったためか、生活保護法改正案という案が同年5月に閣議決定されました。
2013年の8月には、生活保護費が減額されたこともあり、生活保護という言葉や制度にますます国民の関心が高まったことは、記憶に新しいところです。
生活保護法が抜本から改正されるという事態は、1950年に生活保護法という法律が施行されてから初めてであるということも、人々の関心を引き寄せる背景にあったと言えるでしょう。

 

生活保護法改正案が閣議決定されたことによって、一体何がどう変わるのか、誰もが疑問に思うところです。
そのためには、まず生活保護法とは何なのか、生活保護法改正案とは何なのかという、それ自体を知らなければ改正後のヴィジョンが見えてきません。
日本で生活している以上、完全に無関係でいることは出来ないので、きちんと知っておく必要があります。

「生活保護法改正案」の変更点記事一覧

生活保護法改正案 概要

生活保護法改正案は、生活保護が必要な人に対しては確実に保護出来るようにして、不正受給がないように徹底した対策の強化を図るという趣旨が盛り込まれております。基本的な生活保護法案の在り方を維持して、なおかつ改正すべき箇所を改正し、人々のためになる法改正をするということが概要です。各々の概要を見ていくと、...

≫続きを読む

 

生活保護法改正案の変更点@申請方法

生活保護法改正案が決定したことにより、生活保護の申請手順や申請方法が変わります。申請方法が変わるというところが、現在生活保護を受けている人に大きな影響があるということで関心が高い項目です。また、将来どのようなことがあるかわからないので、生活保護を申請する機会があるかもしれないために、申請方法を知って...

≫続きを読む

 

生活保護法改正案の変更点A不正受給への罰則の強化

生活保護は、たびたび報道されている通りに不正受給が後を絶ちません。中には、生活保護の申請から受理、そして審査が通り生活保護決定までを集団で手助けするという、生活保護ビジネスなるものまであったという報道がありました。不正受給や生活保護が通るようにするとうたった生活保護ビジネスの横行への対策も、生活保護...

≫続きを読む

 

生活保護法改正案の変更点B親族の扶養義務を強化

生活保護法改正案には、家族に関する項目として、親族の扶養義務についても強化するという項目が盛り込まれています。扶養義務の内容については、芸能ニュースで扶養家族や不正受給についての問題として大きく取り上げられたこともあり、広く認知されることとなりました。親族の扶養義務とは、自分が職を失って失業保険の期...

≫続きを読む

 

生活保護法改正案の変更点C自立支援

生活保護法改正案には、就労や職業に対しての概要が盛り込まれていて、生活困窮者自立支援法案とセットで取り上げられることもあります。自立支援をすることによって、スムーズな就労と安定した職に就く手助けとなり、結果的に生活保護費を長期的に抑えることが出来るという期待があります。長引く不況と言われて久しい現代...

≫続きを読む

 
電子書籍 コミック ベビー・マタニティ用品レンタル

ホーム RSS購読 サイトマップ