介護保険制度サービス 施設入所サービス

介護保険制度サービスの種類2

スポンサードリンク

介護保険制度サービスの種類2

介護サービスの種類は、細分化していくと何十種類にも及びます。
わかりやすく大きく二つに分けると、在宅介護サービスと施設入所サービスに分られます。
ここでは、施設入所サービスというかたちの介護サービスについて触れます。

 

介護保険制度サービスの種類2

 

施設入所サービスの代表的なかたちは、特別養護老人ホームがあります。
老人ホームという名前が付いている通り、入居者は高齢者がほとんどであり、指定介護老人福祉施設とも呼ばれています。

 

基本的に、入所するかたちが多く見られますが、施設によってはデイケアサービスや30日程のショートステイサービスも展開しているところがあります。

 

また、地域住民との触れ合いの場として、夏祭りなどを開催している施設もあり、学生ボランティアや地域ボランティアを募っている場合があります。

 

福祉施設という名前の通り、ドクターは常駐していないという特徴があります。

 

要介護者と認定されている人の中には、医療が日常的に受けられる環境にいないといけない人もいます。
そのような場合には、指定介護療養医療施設でのサービスを受けることになります。
医療施設ですから、医療と介護はもちろんのこと、リハビリテーションといった身体の機能改善訓練も受けることが出来るという特徴があります。

 

その他には、介護老人保健施設も、施設入所サービスに分類される介護サービスの種類です。

電子書籍 コミック ベビー・マタニティ用品レンタル

介護保険制度サービスの種類2関連ページ

介護保険制度の概要
介護保険制度には幾つかの種類があり、申請手順なども把握しておく必要がありますから、概要を押さえておくことは大切な事柄です。 介護保険制度の概要は、まず原則として、1と2の要支援、5段階ある要介護の認定を、市町村から受けるというものです。
介護保険制度サービス利用の手続き方法
介護保険制度サービスを利用する際には、申請や訪問調査、審査やケアプランの作成と提出といった手続きが必要です。 誰でも介護保険制度サービスを利用できるというものではありませんから、サービス利用に至るまでの手続きは、手順を追って把握しておきましょう。
介護保険制度サービス 要介護・要支援 判定
介護保険制度は、正規の手続きをきちんと進めて、介護認定がなされてから初めて介護サービスを受け始められます。 介護認定を受けるための手続きは、申請から始まって専門家の調査へと進んでいき、審査に通されます。
介護保険制度サービスの種類1
介護保険制度で受けられる介護サービスの種類は、要介護・要支援のそれぞれの段階において受けられるサービスが異なり、種類を細かく上げていくと何十種類にも及びます。 ここでは、在宅介護サービスについて、わかりやすいところをピックアップします。

ホーム RSS購読 サイトマップ