介護保険制度 サービス利用手続き

介護保険制度サービス利用の手続き方法

スポンサードリンク

介護保険制度サービス利用の手続き方法

介護保険制度サービスを利用する際には、申請や訪問調査、審査やケアプランの作成と提出といった手続きが必要です。

 

誰でも介護保険制度サービスを利用できるというものではありませんから、サービス利用に至るまでの手続きは、手順を追って把握しておきましょう。
ケアマネージャーや専門家に代行して貰ったり、教えて貰うことが出来ますから、専門家と相談しながらだと捗ります。

 

介護保険制度サービス利用の手続き方法

 

まず、要介護認定書と印鑑、介護保険の被保険者証といった必要書類を用意します。
申請をしないことには、始まりません。
申請は、本人もしくは家族が、担当窓口で申請することで出来ます。

 

次に、ケアマネージャーによる訪問調査が始まり、主治医とのやりとりなどが行われます。
訪問調査が終わると、調査結果を担当者が持ち帰って、審査が始まります。
審査の判定には、コンピューターによる一次判定と、専門家の手によって審査される二次判定があります。
この判定によって、要介護の段階がどのレベルであるのかが決められます。

 

そして、認定されたら後日通知が来て、ケアプランの作成に移ります。
ケアプランは、自分で作ることも出来ますが、ケアマネージャーやケアプランを作成してくれる機関に頼ることでも作成可能です。
そうして、ケアプランの提出も済ませたら、いよいよ介護保険制度サービスの利用が始まります。

電子書籍 コミック ベビー・マタニティ用品レンタル

介護保険制度サービス利用の手続き方法関連ページ

介護保険制度の概要
介護保険制度には幾つかの種類があり、申請手順なども把握しておく必要がありますから、概要を押さえておくことは大切な事柄です。 介護保険制度の概要は、まず原則として、1と2の要支援、5段階ある要介護の認定を、市町村から受けるというものです。
介護保険制度サービス 要介護・要支援 判定
介護保険制度は、正規の手続きをきちんと進めて、介護認定がなされてから初めて介護サービスを受け始められます。 介護認定を受けるための手続きは、申請から始まって専門家の調査へと進んでいき、審査に通されます。
介護保険制度サービスの種類1
介護保険制度で受けられる介護サービスの種類は、要介護・要支援のそれぞれの段階において受けられるサービスが異なり、種類を細かく上げていくと何十種類にも及びます。 ここでは、在宅介護サービスについて、わかりやすいところをピックアップします。
介護保険制度サービスの種類2
介護サービスの種類は、細分化していくと何十種類にも及びます。 わかりやすく大きく二つに分けると、在宅介護サービスと施設入所サービスに分られます。 ここでは、施設入所サービスというかたちの介護サービスについて触れます。

ホーム RSS購読 サイトマップ