介護保険 利用方法

介護保険制度の利用方法

スポンサードリンク

介護保険制度は、各々の市町村が運営している保険制度であり、2000年の4月から始まったものです。
40歳になると、被保険者ということで介護保険に加入することになります。
65歳以上の人に至っては、介護が必要な人だという認定を受けたら、介護保険の制度に基づいたサービスを受ける事が出来ます。

 

介護保険制度の利用方法

 

40歳以上だけれど、65歳未満、つまり64歳以下の人については、特定疾病で介護が必要な人だと認定された場合に、市町村が運営する介護サービスを受けられます。
特定疾病には、末期がんやパーキンソン病関連の疾患、初老期の認知症などがあります。

 

利用方法は、まずは申請をしてから訪問調査を受けることになります。
調査を終えて審査が始まり、審査に通れば認定の通知があり、ケアプランを作成してから各々の市町村に届け出をします。
そうして、提出したケアプランに沿った介護サービスが始まります。

 

要介護認定を受ける場合には、一次判定と二次判定があり、一次判定はコンピューターによる判定が、二次判定は専門家が判定をすることになっています。
この判定によって、要支援と要介護の各々の段階が決定します。
介護保険の種類は、要支援の1と2、要介護が1から5まであり、合計して7段階の種類に分けられています。
また、介護が必要な人の病気や状態によって、更に細かく種類がわかれています。

 

正しく介護保険制度を利用するには、正しい知識が必要ですから、根気よく学び、専門家の指導を受けたり相談をすることが望ましいですね。

介護保険制度の利用方法記事一覧

介護保険制度の概要

介護保険制度には幾つかの種類があり、申請手順なども把握しておく必要がありますから、概要を押さえておくことは大切な事柄です。介護保険制度の概要は、まず原則として、1と2の要支援、5段階ある要介護の認定を、市町村から受けるというものです。次に把握すべき概要は、在宅サービスと入所施設、施設に入るということ...

≫続きを読む

 

介護保険制度サービス利用の手続き方法

介護保険制度サービスを利用する際には、申請や訪問調査、審査やケアプランの作成と提出といった手続きが必要です。誰でも介護保険制度サービスを利用できるというものではありませんから、サービス利用に至るまでの手続きは、手順を追って把握しておきましょう。ケアマネージャーや専門家に代行して貰ったり、教えて貰うこ...

≫続きを読む

 

介護保険制度サービス 要介護・要支援 判定

介護保険制度は、正規の手続きをきちんと進めて、介護認定がなされてから初めて介護サービスを受け始められます。介護認定を受けるための手続きは、申請から始まって専門家の調査へと進んでいき、審査に通されます。審査の時には二度の判定があり、それぞれ一次判定と二次判定と呼ばれていて、厳正な判定がなされます。この...

≫続きを読む

 

介護保険制度サービスの種類1

介護保険制度で受けられる介護サービスの種類は、要介護・要支援のそれぞれの段階において受けられるサービスが異なり、種類を細かく上げていくと何十種類にも及びます。ここでは、在宅介護サービスについて、わかりやすいところをピックアップします。在宅介護サービスの種類で、代表的でよく知られているものは、ホームヘ...

≫続きを読む

 

介護保険制度サービスの種類2

介護サービスの種類は、細分化していくと何十種類にも及びます。わかりやすく大きく二つに分けると、在宅介護サービスと施設入所サービスに分られます。ここでは、施設入所サービスというかたちの介護サービスについて触れます。施設入所サービスの代表的なかたちは、特別養護老人ホームがあります。老人ホームという名前が...

≫続きを読む

 
電子書籍 コミック ベビー・マタニティ用品レンタル

ホーム RSS購読 サイトマップ