定年 定年退職 団塊の世代 うつ病 認知症 サプリメント

認知症について

スポンサードリンク

脳血管性認知症という認知症

認知症の中にはアルツハイマー病脳血管性認知症といった様々な病気が存在しています。

 

認知症について

 

ここではまず、脳血管性認知症についての説明をしていきたいと思います。

 

この病は脳の血管に障害が発生したり、脳梗塞や脳出血などが原因で引き起こされる認知症の一つです。

 

症状としては、一人での日常生活が困難なレベルの記憶障害が発生して言葉、
動作などにも異常が認められるというもので、他の認知症の病と症状自体は同じになりますね。

 

したがって明確に脳血管性認知症だと診断を下すのが難しい病ですので、慎重に検診をしてもらいましょう。

 

ただ特徴的な症状としては、突発的にいきなり症状が現れたり、いくつかの軽い段階を経て症状が急に悪化したりという点が挙げられます。

 

ですので、そういったサインを周囲の人が見逃さないのが大切ですよ。
また、糖尿病や心臓疾患、高血圧などの持病を抱えている人も発症しやすいので気をつけましょう。

 

一応、薬による治療も行われますが認知症自体にも明確な治療法はまだ確立されていませんので、治療というよりも対処療法がメインになってしまいます。

 

場合によっては薬よりもリハビリや遊びの要素を取り入れたレクリエーションなどが有効にもなりますので覚えておきましょう。
とにかく、認知症にはアルツハイマー病や脳血管性認知症などのいくつかの病気の種類がありますので気をつけて下さいね。

 


認知症改善プログラム

アルツハイマー病という認知症

認知症にはアルツハイマー病や脳血管性認知症などがあります

 

認知症について

 

ここでは認知症の代表的な病であるアルツハイマー病について説明していきたいと思います。

 

まずこの病は全ての認知症の約50%から60%を占めるほどの病で、さらに85歳以上の方においては実に20%はこの病に悩まされているというデータもあるんです。

 

そのくらい今では多く発症していますし、どなたでもかかってしまう可能性がありますね。

 

発症の原因としては脳の記憶を司る部位の神経細胞が破壊されて起こってしまうのですが、
まだまだ研究途上で未解明の部分が多いというのが現状なんです。

 

症状としては記憶が曖昧になって同じことを何度も言ったり、尋ねたりして、同様の話を繰り返し繰り返し、
しつこいくらいにし始めます。

 

そして症状が進んでしまうと時間の概念や場所の感覚というのも失われてしまって徘徊などもしますので、
日常生活を一人で送るのは困難になってしまいます。

 

こうした記憶の曖昧さというのは高齢者の単なる老化現象として片付けられてしまいがちですので、少しでもあれ何かおかしいなと感じたら早めに診察を受けて下さいね。

 

以前と比べると研究も進んできましたが、まだまだ有効な治療法がありませんので、認知症のアルツハイマー病や脳血管性認知症には十分に注意しましょう。

 

 


認知症改善プログラム

電子書籍 コミック ベビー・マタニティ用品レンタル

認知症について関連ページ

定年退社後こそ気をつけたい「うつ病」
当サイト「定年がやって来るヤァヤァヤァ.com」では定年退職後の楽しみ方を提案しています。このカテゴリーでは、うつ病や認知症 に関する情報とサプリメントで健康を維持する情報を提案します。
サプリメントを飲んで健康で元気な体で生活
当サイト「定年がやって来るヤァヤァヤァ.com」では定年退職後の楽しみ方を提案しています。このカテゴリーでは、うつ病や認知症 に関する情報とサプリメントで健康を維持する情報を提案します。
サプリメントで老化防止
当サイト「定年がやって来るヤァヤァヤァ.com」では定年退職後の楽しみ方を提案しています。このカテゴリーでは、うつ病や認知症 に関する情報とサプリメントで健康を維持する情報を提案します。

ホーム RSS購読 サイトマップ