高齢者のための病気対策

脳血管性認知症という認知症

更新日:

認知症の中にはアルツハイマー病脳血管性認知症といった様々な病気が存在しています。
ここではまず、脳血管性認知症についての説明をしていきたいと思います。

この病は脳の血管に障害が発生したり、脳梗塞や脳出血などが原因で引き起こされる認知症の一つです。

症状としては、一人での日常生活が困難なレベルの記憶障害が発生して言葉、
動作などにも異常が認められるというもので、他の認知症の病と症状自体は同じになりますね。

したがって明確に脳血管性認知症だと診断を下すのが難しい病ですので、慎重に検診をしてもらいましょう。

ただ特徴的な症状としては、突発的にいきなり症状が現れたり、いくつかの軽い段階を経て症状が急に悪化したりという点が挙げられます。

ですので、そういったサインを周囲の人が見逃さないのが大切ですよ。た、糖尿病や心臓疾患、高血圧などの持病を抱えている人も発症しやすいので気をつけましょう。

一応、薬による治療も行われますが認知症自体にも明確な治療法はまだ確立されていませんので、治療というよりも対処療法がメインになってしまいます。

場合によっては薬よりもリハビリや遊びの要素を取り入れたレクリエーションなどが有効にもなりますので覚えておきましょう。
とにかく、認知症にはアルツハイマー病や脳血管性認知症などのいくつかの病気の種類がありますので気をつけて下さいね。

認知症改善プログラム

スポンサードリンク

スポンサードリンク

高齢者に人気の高いギター講座

-高齢者のための病気対策
-

Copyright© 定年がやって来るヤァヤァヤァ.com , 2018 All Rights Reserved.