定年退職後こそ気をつけたい事

振り込め詐欺の手口

更新日:

最近の振り込め詐欺の手口は多様化してきて、その内容も実に手の込んだもになってきています。

電話口で複数の犯人が息子さんや娘さん役、被害者役、弁護士役などを巧みに演じ分けてお年寄りを騙そうとしています。
ですからこの緊迫感は演技ではない本物だと誤解して、振り込んでしまうケースが後を絶ちません。

具体的な例をいくつか挙げますと、仕事がらみの失敗からお金が必要になったという手口があります。
これは仕事で失敗をして会社に損失を出してしまった、~万円払わないとクビになってしまうからお金を振り込んでという手口です。
手のこんだ場合だとお子さんやお孫さんの職業まで調べて具体的な仕事の失敗内容まで言ってきて信じてしまうケースもありますが、まずは仕事の失敗を一人の個人が金銭的に背負うというようなことは、ほとんどあり得ないという点を認識しましょう。

また事故の示談金が必要、不倫の相手を妊娠させてしまったので慰謝料が必要というような詐欺の手口もありますね。

いずれも発覚したら大変だから誰にも言わずに貸して欲しいというような感じで言ってくるので、年配の方は誰にも相談せずにそのまま振り込んでしまう場合が多いんです。

ですからいずれのケースでも、まずはそうした振り込め詐欺の内容の電話がかかってきたら、

一人で決めるのではなく家族でも近所の人でもとにかく相談してみましょう。

スポンサードリンク

スポンサードリンク

高齢者に人気の高いギター講座

-定年退職後こそ気をつけたい事
-

Copyright© 定年がやって来るヤァヤァヤァ.com , 2018 All Rights Reserved.