健康に過ごす

歩く健康法のススメ

更新日:

散歩を毎日の日課にされている方も多いとは思いますが、歩く健康法は高齢者にとっても大きな効果があるんですよ。

歩くというのは人間の基本的な行為の一つで、食べる、寝る、というのと同じくらいに大切な要素ですね。 ƒt?ƒŠƒ“ƒg

年齢を重ねるとついつい外に出るのが億劫になってしまいますが、それだと足腰がどんどん弱ってきてしまいます。

足腰が弱ると寝たきりになってしまって、介護の必要が生じてきて家族に負担をかけてしまったり、大好きな家を離れて施設や病院で生活を余儀なくされるというケースも少なくありません。

そうならない為にも、自分の足で歩けるうちは歩くんだという強い姿勢が大切なんです。

ただ気をつけなければいけないのは、何が何でも歩かなくてはいけないという考えは危険ですよ。

風邪気味で調子の悪いという日も必ずありますし、足を痛めているというケースもあるかも知れません。

そうした場合に無理に出歩くと不測の事態につながりかねませんし、逆に周囲の人に迷惑をかけてしまうという場合も考えられます。

ですから自分の調子や状態というのをしっかりと鑑みて、歩く健康法を高齢者の方が積極的に取り入れれば、もっともっと活気のある高齢化社会になるはずですよ。

年齢で縛られる必要は全く無いということですね。

スポンサーリンク

スポンサードリンク

生活習慣病の予防・改善にも効果的!!

年配の方でも生活習慣病に悩んでいる方は数多くおられますよね。

肥満や糖尿病などはその代表格ですが、これらを軽く考えてはいけませんよ。

歩く健康法は高齢者のこうした生活習慣病の改善に大きな効果を発揮してくれます。

まず肥満ですがこれはれっきとした「病」であると認識しなければいけません。

年齢を重ねると筋肉が落ちて脂肪がつきやすくなりますので、肥満に陥りやすいですよね。

肥満だとあらゆる疾患を引き起こす可能性がかなり高まりますし、普段の日常生活でも動くという作業を出来るだけ回避してしまいがちです。

ƒt?ƒŠƒ“ƒg

 

そうなると余計に悪循環ですし、手遅れということは絶対にありませんので少しでも早く歩く健康法を始めて、肥満の解消を図って下さい。

そして歩くのは糖尿病の患者さんにも大きな意味があるんですよ。

歩く健康法を継続すると血液中のインスリンの値が正しい値に近づいてきて、血糖値が改善される方向に向かって行きます。

勿論、医師による専門的な治療も不可欠ですが、それと平行して歩くのを続けるときっと良い結果につながりますので、あきらめないで下さいね。

このように歩く健康法は高齢者の生活習慣病の改善に大きな役割を果たしてくれます。

あまり重々しく考えるのではなく、自由に自分のペースで気楽にあるくだけで十分に効果は期待出来ますのでチャレンジしてみましょう。

スポンサードリンク

スポンサードリンク

高齢者に人気の高いギター講座

-健康に過ごす
-

Copyright© 定年がやって来るヤァヤァヤァ.com , 2018 All Rights Reserved.